logo

SLIPWARE

長崎県の陶郷「中尾山」にて、 2009年に『紀窯』として独立した中川紀夫氏によって 一つ一つ手づくりで作られた陶器です。 泥しょう(水に溶いた土)で、 シンプルな波模様や直線を生地に描く、 スリップウェア独特の風合いは、 手作業ならではの温かみと存在感があります。

スリップウェア自体の歴史は非常に古く、 紀元前5000年には中国や中東地域で、 すでに作られていたといわれています。 17世紀〜18世紀にイギリスで作られた スリップウェアの存在を、 イギリスの陶芸家バーナード・リーチや富本憲吉、 濱田庄司といった民芸運動の先駆者たちが、 その素晴らしさと共に世に知らしめたことが、 日本でも注目を浴びるきっかけと なったと いわれています。 和食のみならず、 スイーツやパスタにもよくあいます。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

12商品中 1-12商品